×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの見直しガイド



住宅ローンの見直しガイド


住宅ローンの見直しガイドは、住宅ローンの繰上返済や借換え、条件変更などに関する情報提供を行っているサイトです。住宅ローンの見直しについてQ&A形式でどなたにでもわかりやすく解説しています。

※税制改正等については「サラリーマンの税金ガイド・税制改正編」を参考にしてください。
スポンサードリンク
住宅ローンの繰上返済
住宅ローンの繰上返済とは?
繰上返済に有利なローンの条件は?
一気に返済とこまめに返済ではどちらが有利?
妻からの贈与によって繰上返済する場合は?
返済方法の種類は?
繰上返済の有利なポイントは?
繰上返済する際に重要な点は?
繰上返済の種類は?
親から贈与を受けて繰上返済した場合は?
ボーナス返済は危険?

繰上返済の仕組みは?
期間短縮型のメリットは?
まとまった資金がない場合は?
一部繰上返済(内入れ方式)とは?
段階金利の期間短縮型は?
繰上返済は早い方が得?
返済額軽減型はメリットがない?
返済計画変更の手数料は?
通常返済の期間短縮型の特徴は?
通常返済の返済額軽減型は?
住宅ローンの返済諸問題
離婚の際に住宅ローンが残っている場合は?
任意売却とは?
個人再生手続とは?
失業保険付の住宅ローンは?
競売の流れは?
シングル女性の借入れ方法は?
返済が苦しくなった場合は?
ローンが残っている住宅を賃貸にしたら?
重い病気だとローンが免除される商品とは?
返済が遅れているのですが…
共働きの場合の借入方法は?
金銭消費貸借契約とは?
住宅ローンの借換え・見直し
借換えする方が得という判断基準は?
建築基準法違反の物件の借換えは?
借換えする際の必要書類は?
返済条件変更の際の経費は?
借換えのする際のポイントは?
借換え時の手数料は?
見直しするのに有利な時期は?
返済額を増額する返済条件の変更は?

条件変更のメリットは?
元利均等返済から元金均等返済は?
法定期間内への延長とは?
借換えの活用法は?
借換え専用の住宅ローンは?
毎月払いからボーナス併用への変更は?
元金均等返済から元利均等返済は?
返済が困難になった際の特例とは?
借換えの際の具体的な諸費用は?
借換えできない場合とは?

買換えローンは?
住み替えローンは?
通常ローンと買換えローンの具体的相違は?
ローン条件の変更と手続きは?
返済に困った時の新特例とは?
建替えローンとは?
通常ローンと買換えローンとの違いは?
借換えの要点と手続きは?
ローンの返済が困難になったら?
旧公庫の新特例の措置は?
不動産用語の基礎知識
大都市における住宅及び住宅地の供給の促進に関する特別措置法とは?
大都市地域における宅地開発及び鉄道整備の一体的推進に関する特別措置法とは?
代理とは?
代理店とは?
立会人とは?
大都市における住宅及び住宅地の供給の促進に関する特別措置法の内容は?
ダイナミックDCFとは?
任意代理権とは?
宅地開発税とは?
立会人になるのは?

同時履行の抗弁権とは?
特定行政庁とは?
特定社債とは?
特定社債管理会社の権限は?
特定出資の持分とは?
特定遺贈とは?
特定債権等に係る事業の規制に関する法律とは?
特定社債管理会社とは?
特定出資とは?
特定投資家とは?

ひび割れとは?
標識の掲示とは?
標準媒介契約約款が告示された理由は?
ファンドマネジャーとは?
吹き付けタイルとは?
ひび割れの原因は?
標準媒介契約約款とは?
ピロティとは?
風致地区とは?
負担付贈与とは?

埋蔵文化財とは?
マルチ・ハビテーションとは?
マンションの建替えの円滑化等に関する法律の内容は?
未成年者とは?
みなし譲渡とは?
豆板とは?
マンションの建替えの円滑化等に関する法律とは?
マンション建替え円滑化法による建替えの流れは?
未成年者が同意を得ないでした行為は?
ミニ開発とは?
住宅ローン便利サイトT
住宅ローン控除入門その1
住宅ローン控除入門その2
住宅ローン控除入門その3
住宅ローン控除情報館その1
住宅ローン控除情報館その2
住宅ローン控除情報館その3
住宅ローン控除情報ナビその1
住宅ローン控除情報ナビその2
フラット35早分かりガイド!
住宅ローン控除情報ナビその3
住宅ローン便利サイトU
住宅ローンの資金計画入門
住宅ローンの資金計画情報館
住宅ローンの資金計画早分かり
住宅ローンの金利比較ガイドその1
住宅ローンの金利比較ガイドその2
フラット35金利比較ガイド
はじめての住宅ローン入門その1
はじめての住宅ローン入門その2
はじめての住宅ローン入門その3
新着トピックス
いっぺんに返済するのとこまめに返済するのではどちらが有利なのですか?
いっぺんに返済するのとこまめに返済するのとではどちらが有利かについては、利用したローンの返済のタイプや金利の状況...しかしながら、一般的には、少しずつ繰上返済した方が効果は高いとされています。

ただし、その際も、繰上返済手数料がかかる場合には、あまりに小さい金額で繰上返済をすると経費もかかってしまいますので...

変動金利型や固定期間選択型の場合はどうですか?
変動金利型や固定期間選択金利型の場合は、金利変更のタイミングに合わせて繰上返済をすると...これは、変更後の金利というのは、繰上返済後の減額された元本に対してかかるからです。

元金均等返済ではどうですか?
元金均等返済の場合は、借入当初の返済というのはほとんどが利息部分です。なので、繰上返済手数料がかからないのであれば、毎月小額でも繰上返済するというように、早くこまめに返済すると有利...

期間短縮型と返済額軽減型の場合はどうですか?
繰上返済には、期間短縮型と返済額軽減型がありますが、利息の軽減効果ということに関しては、期間短縮型の方がかなり有利...具体的には、金利上昇や退職後のローン負担の軽減に備える場合には...

ただし、期間短縮型の繰上返済をした場合に、通算のローン返済期間が10年未満になると住宅ローン控除が受けられなくなりますので注意...
免責
住宅ローンの見直しガイドで提供している内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当サイトは一切責任を負いかねます。
プライバシーポリシー

Copyright (C) 2011 住宅ローンの見直しガイド All Rights Reserved